「Microsoft Teams」 の容量について

2020.10.23
「Microsoft Teams」 の容量について

こんにちは。MS開発部 入社1年目の三浦です。

今回は、Microsoft Teams(以下 Teams)の使用する上で覚えておきたい「ストレージ容量」に関して、留意点や確認方法をお伝えいたします。

TeamsとSharePoint Onlineの関係は?

Teamsは、SharePoint Online、OneDrive、Exchange Online と連携しており、
チームを作成すると、チーム専用の SharePoint サイト (チームサイト) が自動的に作成されます。
チーム内で共有されたコンテンツは、チームサイトのライブラリにも格納されるという仕組みとなっています。

チームの容量について

Teamsのチーム内で保管されたコンテンツは、SharePoint Onlineのデータ領域を使用するため、どのくらい容量を確保すれば良いのか気になるところです。

テナント全体における SharePoint Online のストレージ制限設定が[自動]設定になっている場合には、Teams のチーム作成時に作成されるSharePoint サイトは、既定で1TBの容量で作成されます。
ストレージ制限設定 を[手動]に変更した場合、チーム作成時の容量は 1TB ですが、SharePoint 管理センターにて容量を設定した上限値に変更することが可能です。
※なお、サイトコレクションで利用できる容量の上限については、25TB まで設定が可能ですが、実際の上限はテナントに付与されている容量が上限となります。

  容量
初期値 1TB
テナント全体の
SharePoint Onlineサイトの
容量の既定値
最大 25TB
テナントに付与されている
実際の上限容量
1TB + (ユーザー数×10GB)

最初から SharePoint サイトの容量を1TB以上に設定しておくことのメリットは勿論ありますが、
明確な理由がないままなされる拡張には大きなデメリットがあります。
一度閲覧したら二度と開かないファイルが放置される 等々、不必要なコンテンツによってテナント全体の容量を圧迫してしまう恐れがあるからです。
(上限容量値に「25TB」とありますが、組織が所有する容量を超えてしまう場合があるので現実的な数値とは言えません。)

上記を踏まえると、容量は1TBよりも少なく設定し、使用状況に応じて拡張を行うのがベターと言えるでしょう。
拡張を行うか否かを判断するために、今現在使用しているTeamsはどのくらい容量を使っているかを定期的に確認しましょう。

気になる容量の確認と拡張方法は?

Teamsの容量は「SharePoint 管理センター」からテナント全体やサイト毎の容量を簡単に確認することができます。

上図では容量が十分あるので問題ありませんが、もし容量が少なくなっている場合は
同じ「SharePoint 管理センター」内の [設定」-[サイトのストレージ制限サイトのストレージ制限] でストレージ制限の管理方法を [手動]に設定します。

[手動]に設定後、容量確認をした画面に戻り、容量を変更したいサイトの名前部分をクリックすると容量の上限を編集できるリンクが出てきます。

これで安心して変更できますね。
ただ、サイト数が2-3桁ある場合、手動操作は現実的ではありません。
「じゃあどう管理すればいいの?」 …そんなときは是非弊社にご相談ください、お力になりたいと思います。

いかがでしたでしょうか。
ここまでお読みいただきありがとうございます。

本記事の作業を依頼したい、チームサイトの拡張/縮小方法を知りたい等、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

以上、最後までご愛読いただき
ありがとうございました。

お問い合わせは、
以下のフォームへご連絡ください。

お問い合わせ

PAGETOP