【Dataverse for Teams】Power Appsサンプルアプリについてのご紹介

2022.07.29
【Dataverse for Teams】Power Appsサンプルアプリについてのご紹介

こんにちは、MS開発部の加藤です。

今回は、Dataverse for Teams Power Appsサンプルアプリの概要、
Power Appsサンプルアプリを用いたアプリの作成方法から利用方法までご紹介します。

Dataverse for Teamsとは

まず、Microsoft Dataverse for Teamsとは、
Microsoft Teamsの組み込み型ローコードプラットフォーム(Power Platform)のことで、
特徴としてチーム単位でPower Platform・Dataverse環境が作成されます。

前回の記事、【Dataverse for Teams】コントロールの違いについて(Fluent UI)では、
Fluent UIコントロールの概要から、Fluent UIコントロールとクラシックコントロールの違いまで
ご紹介させていただきました。

また、弊社記事では【Dataverse for Teamsシリーズ】として
【Dataverse for Teams】Power Appsの統合
【Dataverse for Teams】Dataverseとの違いと概要
といった記事もご紹介させていただいております。

Dataverse for Teams Power Appsサンプルアプリとは

公式サイトによると、

Power Apps を使用して作成されたサンプル アプリは、Teams ストアで入手できます。 ビジネス要件に最適なサンプルアプリを選択し、すぐにインストールして開始できます。
引用元:公式サイト【Microsoft Teams ストアからのサンプル アプリを使用する】
とあり、Power Appsサンプルアプリを用いることで、
様々な目的に対応するアプリを容易に作成することができます。

Dataverse for Teams Power Appsサンプルアプリ一覧

Dataverse for Teams Power Appsサンプルアプリの種類

現在、Dataverse for Teams には、以下8種類のPower Appsサンプルアプリが用意されています。

従業員のアイデア
調査
問題のレポート
掲示板
マイルストーン
プロファイル+(プレビュー機能)
ボード(プレビュー機能)
パースペクティブ(プレビュー機能)

8種類のサンプルアプリを活用することで、課題の手助けをすることが可能となります。
各サンプルアプリの詳細につきましては、公式サイトを確認ください。
※尚2022年7月27日現在、
プロファイル+、ボード、パースペクティブはプレビュー機能となりますので、ご留意ください。

今回はこの中から、従業員のアイデアと掲示板の作成方法から利用方法までご紹介していきます。

PowerAppsサンプルアプリの作成方法

ここからは実際にDataverse for Teams で
PowerAppsサンプルアプリを用いたアプリの作成方法をご紹介していきます。

1.Microsoft Teamsを開き、画面左の3点リーダーを選択します。

2.そこからPower Appsを選択してください。
(表示されていない場合は、その他のアプリから追加してください)

① 従業員のアイデア

従業員のアイデアアプリは、
チームに属する人が誰でもアイデアを発信、共有し、
アイデアのランキング付け等の意見交換ができるアプリです。

1.これらのアプリをチームに追加するからサンプルアプリを選択できます。
今回は従業員のアイデアを選択します。

2.以下に画面が表示されたらチームに追加を選択してください。

3.任意のチームを選択し、タブを設定します。

4.保存を選択すると、選択したチャネルに従業員のアイデアアプリが追加されます。
※タブが追加された文言をチャネルに投稿したくない場合は✓を外してください。

※アプリのインストールには数分かかる場合があります。完了したらTeamsから通知がきます。

5.Teamsからインストール完了通知が来たら、
以下のような画面が表示されるのでアクセス許可を付与してください。

6.アクセス許可をすると、先ほど選択したチャネルにManage ideasというタブが挿入され、
「このチャネルの上部にタブを追加しました。試してみてください」という投稿がされます。

以上で、従業員のアイデアアプリの作成は完了です。

② 掲示板

掲示板アプリは、お知らせやメモ、連絡事項等をカテゴリーごとに掲載する情報共有アプリです。

1.これらのアプリをチームに追加するからサンプルアプリを選択できます。
今回は掲示板を選択します。

2.以下に画面が表示されたらチームに追加を選択してください。

3.任意のチームを選択し、タブを設定します。

4.保存を選択すると選択したチャネルに掲示板アプリが追加されます。
※タブが追加された文言をチャネルに投稿したくない場合は✓を外してください。

※アプリのインストールには数分かかる場合があります。完了したらTeamsから通知がきます。

5.Teamsからインストール完了通知が来たら、
以下のような画面が表示されるのでアクセス許可を付与してください。

6.アクセス許可をすると、先ほど選択したチャネルにBulletinsというタブが挿入され、
「このチャネルの上部にタブを追加しました。試してみてください」という投稿がされます。

以上で、掲示板アプリの作成は完了です。

PowerAppsサンプルアプリの利用方法

Microsoft Teamsに従業員のアイデアアプリが作成できたので、
次は実際に利用していく方法をご紹介します。

① 従業員のアイデア

1.チャネルタブのManage ideasタブを開くと、
以下のような画面が表示されるので、始めましょうを選択します。

2.以下の画面が表示されたらOKを選択します。

〈キャンペーンの追加方法〉

1.キャンペーンの管理画面では、
「週間トップの投稿者」:その週でアイデアを投稿したユーザーランキング
「週間トップのアイデア」:その週でアイデアが投稿されたキャンペーンランキング
「キャンペーン」:投稿されているキャンペーンの一覧 が表示されます。

まず、キャンペーンの追加<を選択してください。

2.以下の画面からキャンペーンを追加していきます。
「キャンペーンの名前」:任意のキャンペーン名を追加して下さい。
「説明」:キャンペーンの説明を追加してください。
「キャンペーンの実行期間」:アイデアを募る期間を設定してください。
「カバー画像」:サンプル画像または任意の画像を追加してください。
「アイデアの質問」:アイデアに対する質問がある場合は追加してください。

すべて入力したらキャンペーンの追加を選択してください。
※今回サンプルとして「在宅ワークを効率化する方法」というキャンペーンを作成しました。

3.以下の画面が表示されたら、キャンペーンの追加完了です。

〈アイデアの送信方法〉

1.キャンペーンの管理画面に、先ほど追加したキャンペーンが表示されているので選択してください。

2.以下のようにキャンペーンの詳細が表示されるので、アイデアを送信するを選択してください。

3.以下の画面からアイデアを追加していきます。
「Title」:任意のアイデア名を追加して下さい。
「Description」:アイデアの説明を追加してください。
「アイデアを表す画像」:サンプル画像または任意の画像を追加してください。
「アイデアの質問」:質問に対する答えを追加してください。

すべて追加したらSubmit ideaを選択してください。

4.以下の画面が表示されたら、アイデアの送信完了です。

② 掲示板

掲示板アプリは、以下の2つのアプリで構成されています。

・掲示板の管理アプリ
 ◦掲示板 アプリを管理するためのマネージャー エクスペリエンス。
 ◦マネージャーは、掲示板アプリで閲覧した投稿を作成、編集、分類できます。
・掲示板アプリ
 ◦メモ、配信、ニュースなど、すべての企業コミュニケーションの中心的な場所。
 ◦掲示板の管理 アプリを使用して作成された掲示板、FAQ、リンク、連絡先を表示します。

引用元:公式サイト【掲示板サンプル アプリ】

〈掲示板の管理アプリ:掲示板への投稿〉

1.チャネルタブのManage bulletins<タブを開くと、
以下のような画面が表示されるので、Got itを選択します。

2.以下の掲示板の管理画面に遷移したら、新しい掲示板を選択します。
(画面の詳細は下部に掲載しております。)

画面詳細


1.掲示板タブ – 投稿を作成、編集、公開します。
2.FAQ タブ – よくあるご質問 (FAQ) の投稿を作成、編集、公開します。
3.リンクと連絡先タブ – 分類されたリンクと、リンク カテゴリを担当する連絡先を追加します。
4.下書き – 未公開の投稿を表示します。 下書き (未公開) の投稿は、掲示板アプリのユーザーには表示されません。
5.新しい掲示板 – 新しい掲示板を作成します。
6.情報 – 掲示板の管理アプリの詳細を表示します。
7.設定 – アプリの設定を変更します。
8.公開した投稿 – 掲示板アプリのユーザーが利用できる投稿を表示します。

引用元:公式サイト【掲示板サンプル アプリ】

3.以下の画面から掲示板に投稿ができます。
「カテゴリー」:カテゴリーをドロップダウンから選択してください。(詳細から変更可能です)
「おすすめにする」:投稿を一覧の最上位に表示したい場合は、ドロップダウンから表示する期間を選択してください。
「投稿の予約」:投稿したい日付が決まっている場合は入力してください。
「掲示板の詳細」:各項目入力してください。

4.すべて追加したらプレビューを選択してください。

5.プレビュー画面で投稿内容の確認を行い、Closeを選択してください。

6.先ほどの新規投稿画面に戻ったら、保存をしてから公開を選択してください。

7.公開済み一覧に、先ほど公開した掲示板が表示されていたら完了です。

〈掲示板アプリ:投稿の確認〉

チャネルタブのBulletinsタブを開くと、掲示板一覧画面が表示されます。
以下のように、先ほど投稿したSample postも確認できます。
(画面の詳細は下部に掲載しております。)

画面詳細


1.アプリ領域 – 掲示板アプリのさまざまな領域を切り替えます:
a.ホーム – 掲示板の投稿を表示します。
b.FAQ – よく寄せられる質問を表示します。
c.リンクと連絡先 – リンクと連絡先を表示します。
2.並べ替えとフィルター – アプリに表示されるカテゴリの順序を変更したり、カテゴリを非表示/再表示します。
3.掲示板を検索します。
4.カテゴリー – このセクションの投稿タイルが適用されるカテゴリを示します。 主要な掲示板の投稿は、他のカテゴリの上に表示されます。
5.投稿 – 投稿の画像またはビデオ、タイトル、説明を表示するタイル。 投稿を表示するタイルを選択します。 投稿には、投稿公開の経過時間も表示されます。

引用元:公式サイト【掲示板サンプル アプリ】

以上が、掲示板アプリの投稿確認方法となります。

公式サイト 【従業員のアイデア】、 【掲示板】にも
概要や手順が記載してありますので、併せてご確認ください。

まとめ

【Dataverse for Teams】Power Appsサンプルアプリについてのご紹介は
いかがだったでしょうか?

今回は、Power Appsサンプルアプリの
概要から種類、作成から利用方法までご紹介させていただきました。

Dataverse for Teams Power Appsサンプルアプリは容易に利用することでき、
すぐ活用できるため、業務効率化を図ることが可能です。

是非、皆さんもお試しください!

ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
今後も【Dataverse for Teams】シリーズについての記事を発信していきます。

以上、最後までご愛読いただき
ありがとうございました。

お問い合わせは、
以下のフォームへご連絡ください。

お問い合わせ

PAGETOP