SharePointPnPでサイトをカスタム

MS開発部の永田です。

今回はSharePoint Patterns and Practices (PnP)について
まだまだ日本では情報が少ないので触れてみたいと思います。

SharePointの情報取得や、設定などを行うために
開発する方はCSOMやRestをPowerShellで記述している人は多いと思いますが
SharePointPnPPowerShellを利用すると、コードを少なく簡単に情報取得やカスタムが出来てしまいます。

環境準備

SharePointPnPをインストールします。
SharePointOnlineの場合

SharePoint2016の場合

SharePoint2013の場合

インストール済の場合でも、頻繁にモジュールが更新されているので定期的にアップデートします。

 

開発

環境準備が出来たら後は実際にコードを書いて開発するだけです。
認証情報についてはCSOMで記述していた方法とほぼ変わりません。

あとはPnPコマンドを投げるだけです。

今まではリストアイテムの取得にも長いコードを書いていましたがPnPを利用すると
以下の1行で取得できてしまいます。

他にもAdd-PnPJavaScriptLinkで1行コードを記述するだけで
サイト読み込み時に全ページに指定したJavaScriptを読むカスタムアクションが作成可能です
参考画像では「jquery」を読み込んでいます

PnPを利用するとPowerShellからリボンメニューのカスタムまで可能となります。
下記サンプルのリボンメニューを作成するために書いたコードも、2行だけです。

リファレンス
コードが少なく色々な事が可能になるので効率的な開発が可能になります。

SharePointの開発、Azureを利用した開発など弊社の業務内容に興味がありましたら
こちらのページをご確認の上、メールアドレス「info@deepcom.co.jp」までご連絡ください。

以上、最後までご愛読いただきありがとうございました。

コメントは利用できません。