【Office365】SharePointサイトを外部ユーザーと共有する方法!

皆さんこんにちは。MS開発部の中村です。

タイトルに秘策っぽく書かせていただいてますが、SharePointOnlineでは普通にできることなので気にしないでください。今回はSharePointOnline(Office365)を初めてさわる方や、外部ユーザーもアクセスできるの?といった方への参考になればと思います。

どこからでもアクセスできるし、今までできなかった外部ユーザーがアクセスできる…SharePointOnline、素晴らしすぎる!

サイトのアクセス許可方法

今回はMicrosoftアカウントを持っていない方を対象にアクセス付与から実際にログインするまでの過程を説明できればと思います。いやいやMicrosoftアカウントを持っているユーザーへのアクセスも紹介して~と思っている方、安心してください。ほぼ同じです。アカウントを持っていない手順より短く済むだけなので、途中までお付き合いください。

下記の手順どおりに進めてアクセスしてみましょう!

  1. まずはアクセスさせたい人に権限を付与します。SharePointの画面から権限を割り当てましょう。

  2. 下図の四角の枠にメールアドレスを入れてしまえば登録できますね!

  3. 登録されると登録された方にメールが飛びますので、メール内のリンクをクリックすると下図のような画面に遷移します。メールアドレスが組織として追加されている場合は真ん中、組織外の方は一番下をクリックします。皆さんお気づきかもしれませんが、アカウントをお持ちの方は一番上をクリックしていただけるとログイン画面へと遷移できます!アカウントを持っている方の手順はこれにて終了です。早い!!

  4. 続いて、アカウントを持っていない方は作成画面へと遷移します。サクサクっとメールアドレスと任意のパスワードを登録しちゃいましょう!


  5. アカウントを登録すると認証用のメールが来るので、4桁のパスワードをコピーして画面の枠に貼り付けすると、さらに、、、。

  6. 認証画面が開かれます。赤枠にアルファベットと数字のある画像があるのでそれを下の緑の枠に入れてしまえば完了です。


これで手順は完了となります。流れに沿って登録できるので簡単ですね。SharePointの設定次第では外部ユーザーが登録できなかったりするので、アクセス許可の際に弾かれてしまったら、管理者に確認しましょう。

いかがでしたでしょうか?こんなに簡単に外部ユーザーが登録できるなんてOnline様様です。グループワークもはかどっちゃいますね。他、弊社の業務内容などにご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。
(お問い合わせは こちらのページをご確認の上、メールアドレス「 info@deepcom.co.jp」までご連絡ください。)

以上、最後までご愛読いただきありがとうございました。

コメントは利用できません。