SharePoint2010や2007で使えていた機能をSharePoint Frameworkで再現してみた!

弊社ブログをご愛読の皆様、お疲れ様です。MS開発部の種田です。
今回は、過去に利用できていた機能をSharePoint Frameworkで再現してみました。

再現する機能

SharePoint2010や2007時代によく利用されていた、サイドリンクから”ドキュメント”や”リスト”を選択すると、サイトコンテンツの一覧よりドキュメントライブラリーやリストがフィルターされた状態で表示される機能です。

もう少し詳細にいうと<http://ドメイン/サイト/_layouts/viewlsts.aspx?BaseType=0>などのURLにてBaseTypeの値によりコンテンツの種類を指定して一覧表示します。

昔のSharePointだと、この機能は標準で備わっており、かつ勝手にサイドリンクにも追加される手前、よく利用されておりましたが、SharePoint2013以降、BaseTypeの指定によるコンテンツのフィルターができなくなってしまいました。

また上記の問題により2010以前のSharePointをマイグレーションした際にはやたら問い合わせがくる内容の1つかとも思います。
(移行されたリンクにそのままアクセスしても、今まではライブラリやリストの一覧として利用できていたのに、全てのコンテンツが表示されてしまうので・・)

SharePoint Frameworkで再現!

モダンだとナビゲーションを階層化させることで、ライブラリ群、リスト群といったサイドリンクが作れますが、昔からの利用者だと中々この機能を受け入れてもらいにくい場合もあります・・。
そこで比較的以前の利用感に近い形で再現してみました!
まずはページに作成したウェブパーツを配置!
するとサイト内のコンテンツ一覧が表示されます。
パッと見ではサイトコンテンツの内容と何ら変わりはないです。
それではURLの後ろに?BaseType=0(ドキュメントライブラリーのみ)のクエリ文字列を付けてみます。

ドキュメントライブラリーだけが表示されます。
次は?BaseType=1(リストのみ)にしてみます。

リストのみが表示されました!

あとはこのページをサイドリンクに追加しておけば、SharePoint 2010などで利用できた機能に近い形で利用することが可能です。
※クエリ文字列で表示対象を制御しているので1つのページでライブラリ一覧・リスト一覧の表示をカバーすることができます。

おまけ機能

上記によりサイト内のコンテンツを一覧表示することはできましたが、逆に表示させたくない場合があります。(昔だとSharePoint Designerを利用してサイトコンテンツに表示させないようにすることができました)
そこで表示させたくないコンテンツをウェブパーツの編集から設定できる機能も取り込んでおります。

ページの編集→ウェブパーツの編集にてサイトコンテンツの一覧が表示されるので表示させたくない物にチェックをいれます。

とりあえずシステム的に作られたコンテンツにチェック

この状態で?BaseType=0をURLに付与
ライブラリの一覧ですが、先ほどチェックを入れたものは表示されていないですね。
結果、表示させたくないコンテンツを隠しつつ、リストやライブラリの一覧を表示させることができます。

いかがでしたでしょうか。ここまでお読みいただき誠に有難うございます。
まだまだ試作段階ですがもし当ウェブパーツや、その他弊社の業務内容などにご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください
(お問い合わせはこちらのページをご確認の上、メールアドレス「info@deepcom.co.jp」までご連絡ください。)

 

以上、最後までご愛読いただきありがとうございました。

コメントは利用できません。