PowerAppsのアップデート情報(添付ファイルコントロール)を早速検証してみた!

弊社ブログをご愛読の皆様、こんにちは。MS開発部の種田です。

今回は、こちらの記事でも取り上げられているPowerAppsについてですが、直近で添付ファイルのコントロールの仕様が変わったようですので、検証と確認を簡単にしてみようかと思います。

PowerAppsを発行してみる

それでは早速、テスト用のリストを作りPowerAppsでフォームのカスタマイズを選択してみます。(どうやって開くの?って方はこちらの”フォーム画面をカスタマイズする場合”を見てみてくださいね)
まずはリストを作成して、何も手を加えずにフォームのカスタマイズ画面を開いてみました。
Infopathを扱ってた人なら、この時点でなんとなくどこに何があるかなどはわかりますね。

まずはこの状態で[ファイル]から[保存]を選択し、[SharePointに発行]を選択してみます。
そしてリストの[+ 新規]を選択してみると、発行した上の画面が表示されます。

左が標準のフォーム、右がPowerAppsのフォームとなります。
あまり変わりが無いように見えますが、標準のフォームには”添付ファイルの追加”があります。

PowerAppsフォームに添付ファイルのコントロールを追加してみる

PowerAppsの画面より、左側にあるナビゲーションから[SharePointForm1]を選択すると、右側にプロパティの編集メニューが表示されるので、データの横に表示されているリスト名(今回は”PowerApps練習用”)を選択し、データの詳細画面のフィールドから”添付ファイル”にチェックを付けます。
※操作としては[SharePointForm1]→[PowerApps練習用]→添付ファイルにチェックとなります。

そうするとフォーム画面に添付ファイルの項目が追加されます。

実はこの添付ファイルのコントロールですが、ついこの前までファイルをアップロードする機能が無かったのですよね。(添付されているファイルを表示するだけ)
フォーラムなど色々と見ていたのですが、実装を待ち望んでいる人が多かった印象です。
私も別のアプローチにて解決できないかとFlowとの連携などを模索(迷走)中、なんと先日!!PowerAppsのアップデートによりファイルを添付する機能がリリースされました。(以下アップデート情報)
https://powerapps.microsoft.com/ja-jp/blog/add-attachments-to-sharepoint-lists/

アップデート内容を少し検証

また今回、新しい機能として以下の2つの設定ができるようになったとのことです。(上記の”New control features”の内容です)

  • 添付できるファイル数の制御
  • アップロードできるファイルサイズの制御

これ今までInfopathを使用していても設定等では制御できなかったですよね。
ちょっと気になるので挙動を確認してみます。
まず設定を確認するには、中央のフォーム画面より”ファイルを添付”と記載されている箇所をクリックすればOKです。
右側にプロパティが表示されるので、その中の”データ”項目内にあるMaxAttachmentsMaxAttachmentSizeがそれぞれ、ファイル数とサイズ数(MB)になります。
※ふと気づいたのですが、デフォルトでファイル数が6、サイズ数が10MBとなっています。これそのまま変更せずに発行すると、ファイルのアップロードが6個まで、サイズが10MBまでとなって、ちょっと不便な思いをしかねないですね。

とりあえず今回はどちらも1にしてみました。
これでファイルを1つ添付した場合や1MBを超えるファイルを添付しようとした時にどんな動きをしてくれるのか楽しみですね。

まずファイルを1つ添付してみた状態

!!!!!
“ファイルを添付”の文字が消え、「最大ファイル数に達しました。」と表示されます。
これは中々使える場面あるかも・・・!

次に1MB以上のファイルを添付してみます。

次はファイルが添付されず、ちゃんと警告が表示されますね。
いや~~~、素晴らしい!(今のところ使い所が思い浮かんでいないです)

PowerAppsもどんどんアップデートされており、一層利便性が上がってきたように思います。
当面はアップデート情報を注視しつつ、何か気になる事があれば検証等を行い、ブログに書いていこうかと思います。(ゆくゆくは皆さんにすごいと頷いてもらえるようなフォームが作れるようになりたい・・!!)

いかがでしたでしょうか。ここまでお読みいただき誠に有難うございます。
弊社の業務内容などにご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください
(お問い合わせはこちらのページをご確認の上、メールアドレス「info@deepcom.co.jp」までご連絡ください。)

 

以上、最後までご愛読いただきありがとうございました。

コメントは利用できません。